HOME >> メアリーウェディングとは

メアリーウェディングとは

あるとき神様はこう言われました。

『人がひとりでいるのは良くない。彼にふさわしい助け手を造ろう。』

こうして、ふたりは結ばれひとつになるのです。

旧約聖書 創世記より

ご婚約おめでとうございます。
いよいよご結婚を迎えるみなさまへ、メアリーウェディングは、歴史と伝統に培われたキリスト教会の結婚式を、いつまでも変わらない真実の価値を求めるお二人にご案内しています。

麻布セントメアリー教会は、1995年の開設当初から、その美しさと厳かさを兼ね備えた礼拝堂によって、多くのカップルの支持を集めてまいりました。
2014年六本木交差点福音教会との教会の合流、第二礼拝堂の完成を機に、教会の名称を新たに麻布グレイスゴスペル教会と改め、礼拝堂の名称をセントメアリー記念礼拝堂として、末永く保存させていただくこととなりました。

メアリーウェディングでは、麻布グレイスゴスペル教会の結婚式をとおして神様の愛と恵みを伝えたい、多くの方々とともに感謝を捧げたい。そんな教会の祈りを支えに、お二人にとって本当に価値のある結婚式のお手伝いをしたいと願っています。



キリスト教本来の意味を伝える結婚式

キリスト教本来の意味を伝える結婚式 人を愛するゆえに男と女を創造された神様。お二人を結び合わせた神様への感謝と、結婚生活をとおして神様の祝福が真実となるよう祈ること。そんな教会の結婚式の意義を、祈りと讃美、聖書の言葉のメッセージをとおしてお伝えします。

歴史と伝統が薫る礼拝堂

歴史と伝統が薫る礼拝堂 かつて英国の教会を飾っていた美しいステンドグラスをはじめ、信仰の愛によって守られて来た調度品の数々。ヨーロッパ中世、ゴシックの聖堂を模した礼拝堂内部。歴史と伝統の重みは、お二人の愛と感謝の心にふさわしく、けっして色褪せることがありません。

教会ギャラリー

音楽と愛があふれる結婚式

音楽と愛があふれる結婚式 讃美の歌声と音楽の魅力。その豊かな響きは「礼拝堂そのものが楽器のよう」と賞賛されるほど。バッハ、ヘンデル、モーツァルトなど無数の名曲を生んだ大作曲家時代から現代に至るまで、神と人への愛に支えられた優しい旋律は、教会の結婚式に与えられた美しい贈り物です。

音楽と愛があふれる結婚式:動画

祝典のあとも

祝典のあとも クリスマス礼拝やチャリティコンサートでは、赤ちゃんやお子様を連れたご夫妻をしばしばお見かけするようになりました。教会だからこその再会の喜びは、私たちにとってかけがえの無い宝物です。長いお付き合いだからこそ、責任をもっておふたりの門出をサポートする。それがメアリーウェディングのポリシーです。
麻布グレイスゴスペル教会ホームページ 麻布グレイスゴスペル教会 ホームページ
フェアのご案内     ご見学について     お問い合わせ・資料のご請求     ご参列のみなさま HOME